PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪、観客対応は越年も 武藤組織委事務総長

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の理事会を終え、記者会見する武藤敏郎事務総長=15日午後、東京都内(代表撮影)
 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の理事会を終え、記者会見する武藤敏郎事務総長=15日午後、東京都内(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は15日の記者会見で、政府の新型コロナウイルス対策調整会議で議論される観客をめぐる対応に関し、具体策の確定が年明け以降にずれ込む可能性があるとの見方を示した。感染対策として観客数の削減なども議論になる見通し。

 武藤氏は「12月に何らかの方向性を示すことになると思うが、具体的に決められるかは申し上げられない」と述べ、その後の感染状況を見極めた上で判断することもあるとの認識を示した。

 入場者数を5千人までに制限しているプロ野球を実際に視察し「しっかりしたコロナ対策をしており、大変参考になる」と述べた。コロナ禍の中、テニスの全米オープンが開催されたことにも「心強い」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ