PR

東京五輪 東京五輪

「ウイルスに打ち勝つ」「より復興した姿を」 前向く選手、被災地

 「まずはウイルスに打ち勝つ」「最高の準備を続けよう」。新型コロナウイルス感染拡大の影響で東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期が決まったことを受け、日本選手の多くは前向きに受け止めた。一方で既に代表権を獲得した選手からは資格が維持されるか不安の声も。東日本大震災の被災地では「より元気になっている姿を見てもらえる」と「復興五輪」への思いを来年につなげた。

 「I can do it」(私はできる)。東京五輪の卓球男子団体戦要員に選出された水谷隼選手(30)は自身のツイッターに、老化させたように加工した自身の顔写真とともに、こうつづった。ほかにもツイッターなどには「オリンピックの前にまず、コロナウイルスに打ち勝つことだな」=柔道男子60キロ級代表の高藤直寿選手(26)、「今の自分にできる最高の準備を続けよう」=7人制ラグビーの福岡堅樹選手(27)=といった前向きに受け止める発言が相次いだ。

 一方、つかみ取った五輪代表資格の維持を求める声も。男子マラソン代表の中村匠吾選手(27)は「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)というプロセスを経て勝ち取った代表であり、ぜひ維持していただきたい」とのコメントを出した。

 リオパラリンピック陸上男子走り幅跳び銀メダリストの山本篤選手(37)は「最長でも1年程度の延期ということなので、モチベーションは維持できる。年齢のことはあるが、技術的に伸ばせる余裕ができたと前向きにとらえたい」と語った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ