PR

東京五輪 東京五輪

五輪延期に日商会頭「オールジャパンで困難乗り越える」

日本商工会議所の三村明夫会頭(平尾孝撮影)
日本商工会議所の三村明夫会頭(平尾孝撮影)

 今夏の東京五輪・パラリンピック開催を1年程度遅らせることに対し、日本商工会議所の三村明夫会頭は25日、「延期がもたらす多くの困難を乗り越え、新たな目標に向かって再び国民の心を1つにして、オールジャパンで力を合わせていかなければならない」とのコメントを発表した。

 同時に、大会の招致活動から携わってきた立場から、「延期は誠に残念だが、新型コロナウイルスの感染が世界規模で拡大し、代表選考に関わる大会の中止・延期が相次いでいる現状においては、やむを得ない」ともしている。

 一方、「当面は、国を挙げた新型コロナウイルスの早期収束と景気回復に向けた取組が急務で、地域の実情に応じた感染拡大防止を推進し、一定の収束への道筋が見通せた段階では、思い切った需要・消費喚起策など強力な経済財政対策が迅速に実行されることを期待する」と、政府に要望した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ