PR

東京五輪 東京五輪

IOC、五輪延期を決定 来夏の世界陸上は日程変更検討

IOCのトーマス・バッハ会長との電話会談を受けて記者会見に臨む五輪組織委の森喜朗会長=24日、東京都中央区(ロイター)
IOCのトーマス・バッハ会長との電話会談を受けて記者会見に臨む五輪組織委の森喜朗会長=24日、東京都中央区(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国際オリンピック委員会(IOC)は24日、東京五輪を「1年程度延期」すると決めた。バッハ会長は、パンデミック(世界的大流行)が「加速している」とした世界保健機関(WHO)の見解が、延期判断につながったと説明。来年ならウイルス禍の収束が見込める上、夏の陸上世界選手権などが日程変更で譲歩する可能性も高い。北京冬季五輪やサッカーのワールドカップなども重なる2022年より利点は多い。ただ、開催経費の増大など課題も山積する。(ニューヨーク 上塚真由、田中充)

 ロイター通信によると、世界陸連は23日、東京五輪が1年延期となる可能性を見据え、来年8月6~15日に米オレゴン州ユージンで開催予定の世界選手権について、日程変更の検討に入った。すでに協議を進めている同選手権の大会組織委員会も「日程変更の可能性は認識している」との声明を出し、足並みをそろえている。

 水泳も来年夏に福岡市で世界選手権が予定されているが、米国水泳連盟が米国五輪・パラリンピック委員会に五輪開催の1年延期を働き掛けるように要請していることから、日程調整の余地はありそうだ。

 1年後に欧米スポーツが再開した場合、IOCと大型放送権契約を結ぶ米NBCユニバーサルが五輪の視聴率低迷を憂慮し、難色を示す恐れがある。しかし、ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)によると、広報担当が「われわれが五輪の開催時期をいつでも左右できるとの見方は間違っている」とした上で、「現在は非常時で、前代未聞の状況。東京五輪のシナリオをより良くしようとのIOCの決断を全面的に支持する」と協力姿勢を打ち出す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ