PR

東京五輪 東京五輪

聖火が松島基地に到着 コロナと強風で予定変更も

航空自衛隊松島基地に着陸した聖火特別輸送機「TOKYO2020号」。手前はセレモニーが行われるステージと聖火皿=20日午前、宮城県東松島市(酒巻俊介撮影)
航空自衛隊松島基地に着陸した聖火特別輸送機「TOKYO2020号」。手前はセレモニーが行われるステージと聖火皿=20日午前、宮城県東松島市(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 ギリシャで採火された東京五輪の聖火が20日、航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)に到着した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、基地で行われた到着式は規模を縮小して実施。また、この日の強風の影響で橋本聖子五輪相ら一部出席者の会場入りが遅れた。

 聖火到着を受け、空自のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が展示飛行を披露。到着式では大会組織委員会の森喜朗会長が、ともに五輪3連覇を達成した柔道男子の野村忠宏さん、レスリング女子の吉田沙保里さんに聖火のともったランタンを手渡し、聖火皿に点火した。

 森会長は「26日に福島県から始まる聖火リレーが多くの人々にとって、希望の道を照らしだすことを望んでいる」とあいさつした。

 聖火は到着式終了後、同県石巻市の石巻南浜津波復興祈念公園で「復興の火」として展示された。聖火リレーは26日に福島県でスタートする。

聖火到着のセレモニーで、ギリシャ・アテネから運ばれた聖火のランタンを掲げる野村忠宏(左から2人目)と吉田沙保里(同3人目)=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地(酒巻俊介撮影)
聖火到着のセレモニーで、ギリシャ・アテネから運ばれた聖火のランタンを掲げる野村忠宏(左から2人目)と吉田沙保里(同3人目)=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(2/5枚)
聖火到着のセレモニーで、壇上の聖火皿に点火する聖火アンバサダーの野村忠宏とレスリング女子五輪三連覇の吉田沙保里=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地(酒巻俊介撮影)
聖火到着のセレモニーで、壇上の聖火皿に点火する聖火アンバサダーの野村忠宏とレスリング女子五輪三連覇の吉田沙保里=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(3/5枚)
聖火到着のセレモニーで、壇上の聖火皿に点火する聖火アンバサダーの野村忠宏(右手前)とレスリング女子五輪三連覇の吉田沙保里。左は東京2020組織委員会の森喜朗会長=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地(酒巻俊介撮影)
聖火到着のセレモニーで、壇上の聖火皿に点火する聖火アンバサダーの野村忠宏(右手前)とレスリング女子五輪三連覇の吉田沙保里。左は東京2020組織委員会の森喜朗会長=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(4/5枚)
聖火到着のセレモニーでブルーインパルスが5色のスモークをひいて基地上空を飛行した=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地(酒巻俊介撮影)
聖火到着のセレモニーでブルーインパルスが5色のスモークをひいて基地上空を飛行した=20日午前、宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(5/5枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ