PR

東京五輪 東京五輪

五輪聖火引き継ぎ式、到着式への子供の参加取りやめ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、五輪聖火引き継ぎ式(19日、アテネ)と、同到着式(20日、航空自衛隊松島基地)について、子供たち計約340人の参加を取りやめると発表した。森喜朗会長は政府が小中高の臨時休校を要請したことなどを踏まえ、「子供たちの安全を最優先に考えた」と理由を説明した。

 引き継ぎ式では人気グループ「EXILE」のHIROさんが監督を務め、全国から選抜された小中高生140人を中心としたメンバーがダンスなど約10分間の文化パフォーマンスを行う予定だった。日本側のパフォーマンス自体が中止となり、1月のリハーサルも視察した森会長は「(子供たちは)努力して今日までこられた。(本番で)披露させてあげられなくなったことは、断腸の思いだ」と述べた。

 また到着式では、地元の宮城県東松島市、石巻市、女川町の小学生約200人がギリシャから特別輸送機で運ばれる聖火を出迎えるなど、式典に花を添える予定だった。

 森会長は子供たちに対し、別の形で大会にかかわる機会を提供する方向で、関係機関と協議する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ