PR

東京五輪 東京五輪

参加料は返金されず 東京マラソン、一般参加者の出走取りやめ発表

東京マラソン2019を走るランナーたち=東京都新宿区(蔵賢斗撮影)
東京マラソン2019を走るランナーたち=東京都新宿区(蔵賢斗撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月1日開催の東京マラソンについて、主催する東京マラソン財団は17日、一般参加者の出走を取りやめることを発表した。大会は、男子の東京五輪代表選考会を兼ねるマラソンエリートの部と、車いすエリートの部で実施する。一般参加者に対しては、来年の大会への出場権を与える。参加料及びチャリティ寄付金は返金されない。また、来年の大会に出場する場合は別途参加料が必要になる。

 東京マラソンは、国内最大規模の参加者数を誇り、今年は約3万8000人がエントリー。感染の広がりを受けて、すでに出場資格を持つ中国在住者に対し来年の大会の出場権を与えて参加料を免除することを決め、参加自粛を呼び掛けていた。希望するランナーにはマスクを配るなどの対策を公表していた。感染拡大がさらに深刻化し、一般参加者の出走を取りやめた。「東京マラソンEXPO2020」などの関連イベントも中止する。

 五輪代表選考会としては、残り1枠をかけて日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)や、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)らが名を連ねている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ