PR

東京五輪 東京五輪

店頭販売で整理券 五輪・パラチケット春期販売で先行実施

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、五輪とパラリンピックチケットの春期販売概要を発表した。都内に設置される販売所での店頭販売については混雑を軽減するため、整理券をはがきによる抽選で配布する販売方式を一部先行して実施することとなった。

 整理券は五輪約5千枚、パラ約3千枚を想定。希望者ははがきに(1)申し込む大会(2)氏名(3)住所(4)電話番号(5)生年月日(西暦)-を記し、郵便番号119-0152「東京2020大会観戦チケット整理券事務局」へ申し込む。期間は五輪が20日~3月12日、パラが3月13日~4月5日(必着)で、各大会1度ずつしか申し込めない。

 当選者には集合日時や整理番号の入った通知はがきが送付され、1人1セッション(時間帯)4枚(開閉会式は2枚)を上限に購入できる。五輪は4月28日~5月7日、パラは5月22~28日の指定された日時に、当選者本人が東京・有楽町に設置されるチケットセンターで競技や種目、対戦日、時間帯などを確認し、購入する。整理番号順に来店日時が指定されるため、希望のチケットが売り切れとなっている可能性もある。

 整理券による先行店頭販売終了後、五輪は5月中旬以降、公式チケット販売サイトでの先着順販売、チケットセンターでの店頭販売(先着順)をスタート予定。5月下旬以降は公式リセール(再販売)サービスも開設する。パラも同様の購入機会を設けるが、時期は調整中という。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ