PR

東京五輪 東京五輪

桃田選手「競技影響なし」1カ月で練習可能と医師

事故で顔を負傷し、病院でマレーシア首相夫人から見舞いを受ける桃田賢斗選手(左)=13日、クアラルンプール近郊プトラジャヤ(ベルナマ通信提供・共同)
事故で顔を負傷し、病院でマレーシア首相夫人から見舞いを受ける桃田賢斗選手(左)=13日、クアラルンプール近郊プトラジャヤ(ベルナマ通信提供・共同)

 マレーシアでバドミントンの男子シングルス、世界ランキング1位の桃田賢斗選手=NTT東日本=らが負傷した交通事故で、入院先の首都クアラルンプール近郊の病院で治療を担当する医師は14日、共同通信の取材に対し、桃田選手は鼻の骨に細いひびが入る全治6週間のけがを負ったが「1カ月ほどで練習に戻れ、今後の競技に影響はないだろう」との見解を示した。医師は退院が「明日にも可能かもしれない」との見通しを明らかにした。

 マレーシアでバドミントンは人気があり、地元メディアは「事故でチャンピオン負傷」などの見出しで大きく報道した。

 事故は13日午前5時ごろ発生。桃田選手ら4人を乗せたワゴン車が高速道路を移動中、大型トラックに追突。運転手が死亡し、桃田選手は顔などをけがした。マレーシア警察が事故の経緯を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ