PR

東京五輪 東京五輪

五輪混雑回避で時差出勤を メトロ、特典付き呼び掛け

 東京メトロは14日、今夏の東京五輪・パラリンピックに向けた混雑緩和策の一環として、大会会場となる国立競技場や臨海部周辺の駅で時差出勤を呼び掛けるキャンペーンを始めた。午前8時から9時台のピーク時間帯からずらして乗車した利用客には、ポイント提供や五輪・パラチケットが抽選で当たる特典がある。

 東京メトロによると、国立競技場に近い外苑前、青山一丁目、北参道、明治神宮前の4駅と、臨海部の新木場、辰巳、豊洲、月島の4駅のほか、混雑路線として以前からキャンペーンをしている東西線も対象。時間帯に応じてポイントを付けるほか、31日までの平日14日間のうち10日以上、時差出勤するとチケットの抽選に応募できる。

 東京メトロ旅客課の西崎紘一郎さんは「大会中のポイントや対象時間帯をどうするか検証する最後の機会。時差出勤を習慣にしてもらうため、五輪開幕より少し早めに始めることも含め検討したい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ