PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪の開閉会式演出チーム、菅野薫氏が辞任 パワハラで処分

電通の本社ビル(中央)=東京都港区
電通の本社ビル(中央)=東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、開閉会式の制作チームの中心メンバーだった菅野薫氏(42)が辞任したと発表した。同日夜、本人から電話で辞任したいとの申し出があり、組織委も受理した。

 組織委によると、菅野氏は所属する広告大手の電通でパワーハラスメント問題を起こして同社から懲戒処分を受け、昨年12月13日から活動を自粛していた。組織委は昨年12月上旬、電通から同社内にある五輪開閉会式制作チームで、菅野氏によるスタッフへのパワハラ行為があったとの報告を受けたという。

 菅野氏は狂言師の野村萬斎氏が総合統括を務める8人の「総合プランニングチーム」の一員として発足当初から活動していた。デジタルを駆使した表現が得意で、国内外で多数の広告賞を受賞しているほか、16年リオデジャネイロ五輪閉会式の東京への引き継ぎ式も手掛けた。

 組織委は電通と開閉会式の制作に関する業務委託契約を結んでおり、同社への対応は「検討中」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ