PR

東京五輪 東京五輪

バスケ・富樫、新体操・皆川、車いすテニス・国枝 五輪パラ挑む千葉県勢

その他の写真を見る(1/4枚)

 いよいよこの夏に迫った東京五輪(7月24日~8月9日)と東京パラリンピック(8月25日~9月6日)。千葉県教育委員会が昨年11月1日時点で強化指定選手に決めた同県ゆかりの選手は141人で、千葉県勢の活躍に期待が高まる。

 内訳は五輪が24競技83人、パラが18競技58人。

 五輪では、男子50キロ競歩で昨年の陸上世界選手権を制した鈴木雄介(31)と、アーティスティックスイミング(AS)の塚本真由(22)の2人が代表内定を決めている。塚本は、ASの代表内定選手中最も高い171センチの長身を生かしたダイナミックな演技が武器。

 44年ぶりの出場となる男子バスケットボールでは、Bリーグ・千葉の司令塔、富樫勇樹(26)の代表選出が有力。新体操の皆川夏穂(22)は、日本勢初となる五輪でのメダル獲得に期待がかかる。

 空手の植草歩(あゆみ)(27)も組手女子61キロ超級の金メダル候補。前回リオデジャネイロ大会の団体総合で金メダルを獲得した体操男子は、いずれも本県出身の橋本大輝(18)、谷川翔(かける)(20)、谷川航(わたる)(23)、萱(かや)和磨(23)が引っ張る。男子走り高跳びで日本記録(2メートル35)を持つ戸辺直人(27)も注目選手の一人だ。

 パラは、過去4大会に出場しシングルス2連覇を含む5つのメダルを獲得した車いすテニスの国枝慎吾(35)、昨年のロンドン・マラソン車いすの部で日本勢最高の3位に入った鈴木朋樹(ともき)(25)、昨年のボッチャ日本選手権(脳性まひBC2)で優勝した広瀬隆喜(たかゆき)(35)の3人が代表を内定させている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ