PR

東京五輪 東京五輪

モスクワ五輪“幻の代表”が初会合「同じ思いさせない」

 日本が参加をボイコットした1980年モスクワ五輪の“幻の日本代表”による集いの会が21日、東京都内で開催され、自身も柔道代表だった日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は「一生に一回のチャンスを奪われた方もいる。来年の東京五輪は世界中の多くのアスリートが集える大会になってほしい」と平和の祭典への願いを語った。

 会には馬術代表だった竹田恒和前JOC会長、バレーボール女子代表だった三屋裕子日本バスケットボール協会会長ら82人が参加。政治に翻弄され、夢を絶たれた元選手らはモスクワ五輪から39年の時を経て初めて一堂に会し、旧交を温めた。

 山下氏は、かねてから東京五輪の試合や結団式に幻の代表を招待する計画を明らかにしているが、この日は参加者から「開会式に参加したい」という声も上がった。三屋氏は「当時は結団式もなかったので、他競技の選手に会えてよかった。私たちと同じ思いを、二度と選手にさせてはいけない」と訴えた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ