PR

東京五輪 東京五輪

【令和2年度予算案】五輪成功へ スポーツ関連は過去最高351億円

2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場
2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場

 令和2年度の政府予算案で五輪・スポーツ関連は、東京五輪・パラリンピックの成功に向けて万全を期すため、過去最高の351億円を確保した。

 競技団体による選手の強化活動を支援する競技力向上事業は101億円を盛り込んだ。メダル獲得が有望な競技の選手を医科学面から重点的に支え、本番中の支援拠点を設けるハイパフォーマンス・サポート事業には、元年度当初よりも9億円増の22億円を充てた。

 ドーピング防止に関する事業は3億円を維持し、東京大会での体制整備に取り組む。

 東京大会後のレガシー(遺産)づくりにも注力する。運動の習慣化を推進する事業は3億円を計上し、スポーツ人口の増加を目指す。スポーツに関連する観光資源を生かして訪日客を地方に呼び込む環境整備には2億円を充てた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ