PR

東京五輪 東京五輪

選手村村長に川淵三郎氏、村長代行に上村春樹氏 五輪パラ

川淵三郎氏
川淵三郎氏

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は19日、東京都内で開いた理事会で、東京・晴海に設ける五輪選手村の村長に元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(83)を起用することを明らかにした。村長代行には、1976年モントリオール五輪の柔道男子無差別級金メダリストで、講道館館長の上村春樹氏(68)が就任する。

 森氏は、川淵氏について「わが国のスポーツ界をけん引してきた」と起用理由を説明した。元サッカー日本代表の川淵氏は64年の東京五輪にも出場した。引退後はプロリーグ発足に尽力し、Jリーグの初代チェアマンに就いた。日本サッカー協会会長を退任後は日本バスケットボール界の改革にも取り組み、Bリーグ創設などスポーツ界の発展に幅広く貢献した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ