PR

東京五輪 東京五輪

聖火ランナー、兵庫は鶴瓶さんら

笑福亭鶴瓶さん
笑福亭鶴瓶さん

 東京五輪聖火リレーで、来年5月24、25日に兵庫県内を走るランナーが内定し17日、発表された。同県ゆかりの著名人として同県西宮市在住の落語家、笑福亭鶴瓶さんらが選ばれた。同市に住んで35年以上という鶴瓶さんは「精いっぱい、みなさんに喜んでもらえるよう走りたい」とコメントした。

 また、明石市の「たこ大使」を務める東京海洋大名誉博士のさかなクンも「ギョギョっと驚きとワクワクでいっぱい。とにかく転ばないように走りたい」と意気込みを表明。加古川市出身で市観光大使も務めるお笑いタレント、陣内智則さんも名を連ねた。

 アスリートでは、神戸市北区出身で北京五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストの朝原宣治さんが選ばれ、「阪神大震災で被災された方や復興への思いも込めて走りたい」。西宮市出身の元テニスプレーヤーで五輪にも2回出場した沢松奈生子さんは、母の順子さんが前回東京五輪の聖火ランナーに選ばれながら台風で走ることができなかったといい、「母の思いや、地元西宮に感謝の気持ちを込めて聖火を引き継ぎたい」と強調した。

 このほか、真鍋政義さん(姫路市出身、元全日本女子バレーボール代表監督)▽村上礼華さん(南あわじ市出身、ビーチバレー選手)▽井上香織さん(豊岡市出身、元女子バレー銅メダリスト)▽小林祐梨子さん(小野市出身、陸上で北京五輪出場)-らが選ばれた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ