PR

東京五輪 東京五輪

札幌市長「日程、コンパクトで調整しやすい」 東京五輪マラソン

札幌市中心部の大通公園=3日
札幌市中心部の大通公園=3日

 暑さ対策で札幌に変更した東京五輪のマラソンと競歩について、国際オリンピック委員会(IOC)が4日、発着点を中心部の大通公園にすることや、計5種目を8月6~9日に開催する日程について了承した。札幌市の秋元克広市長は4日夜、市庁舎内で報道陣の取材に応じ、「基本的には、既存のイベントに極力影響がないかたちで調整したい。日程については、最も経済活動や市民生活などに影響が出ると思われるマラソンが平日を避けられた。全体としてコンパクトで調整しやすいのではないか」と述べた。

 1周目のコースが決まったことは、「大通公園や中島公園など都市と自然が調和し、歴史的なところもコースに入っている。レガシーとして生かしていきたい」と評価。道路補修の予算については、「20キロの基本的なコース設定がみえた」として、1周目のコースを前提に費用の積算に着手する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ