PR

東京五輪 東京五輪

五輪マラソン発着、大通公園で決定…ビアガーデン中止?気をもむ札幌

札幌市中心部の大通公園=3日
札幌市中心部の大通公園=3日

 国際オリンピック委員会(IOC)は4日、スイスのローザンヌで理事会を開き、暑さ対策で都内から変更した東京五輪のマラソンと競歩の発着点を札幌市中心部の大通公園とすることを承認した。マラソン・競歩の札幌開催の詳細がほぼ固まったが、協議が難航したことで、開催地の札幌市では準備の遅れに懸念が出ている。中でも市民の関心が高いのは、札幌市民の憩いの場でもある大通公園で毎年同時期に開催される札幌の夏の風物詩「さっぽろ夏まつり」のビアガーデンが五輪と棲み分けできるか否かだ。

広告規制、ビール4社のテントも…

 長い冬の間、雪に閉ざされる北国で、ビアガーデンは短い夏を楽しむ重要なイベント。会期中は大通公園の東西約1キロに国内最大級の約1万3千席が設けられ、100万人を超す市民や観光客でにぎわう。

 今夏は7月19日から8月14日の27日間に約117万人が来場し、中ジョッキ約88万杯に相当する約44万リットルのビールが消費された。

 しかし、マラソンと競歩の発着点となる大通公園には、仮設施設の資材や放送機材を置くスペースなども必要となる。五輪会場では広告が規制されるため、例年はビール大手4社などが商品名を掲げて運営するテントについても、調整が必要となりそうだ。

組織委も「若干、迷惑をかける」

 マラソンと競歩の札幌開催に伴い、大通公園を占有する期間や場所については、組織委も重要な課題としている。11月18日に札幌市で開かれた第2回実務者会議の終了後、組織委の森泰夫大会運営局次長が報道陣の取材に、「若干、迷惑をかける。実務的に分科会を開いて細かく詰めていく」などと述べた。

 さっぽろ夏まつりの主催団体事務局の担当者は「コースが決まらなければ、付随して必要となる資材置き場なども決まらない。例年は12月末ぐらいに翌年の会期を決めるが、来年は開催できるかどうかも分からない。コース決定が遅れると影響が大きくなるので、注視して待っている」と頭を抱える。(寺田理恵)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ