PR

東京五輪 東京五輪

五輪会場内へ飲料持ち込み容認 暑さ対策で組織委 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、大会時の暑さ対策についての検討状況を公表した。近年の大会では初めて、観客に対し1人1本に限り、750ミリリットルまでのノンアルコール飲料の持ち込みを認めることとした。

 屋外会場では500~3千人に1蛇口の割合で仮設給水栓を設置するとの基準を設け、観客が水分補給できる機会を増やすほか、日よけテントも増やす方向で調整する。大会ボランティアを含むスタッフに対しては、アイスクリームや塩タブレットなどを配布。アスリートを中心に計約1360トンの氷を用意する。

 組織委はまた、トライアスロンなどの会場であるお台場海浜公園の今夏の水質・水温調査結果も公表。水温はすべて基準内におさまり、水質では一重の水中スクリーン内で大腸菌類などの数値が基準を超えた日があったものの、本番時は三重スクリーンにするため、問題はないとの認識を示した。スクリーン内の水温上昇を抑えるため、スクリーンを浮沈式とすることも検討しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ