PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】五輪チケット2次抽選販売、13日から受け付け

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、五輪チケット2次抽選販売の申し込み受け付けを13日未明に開始すると発表した。インターネットの専用サイトで11月26日午前11時59分まで受け付け、抽選結果は12月18日に発表される。計約100万枚売り出されるが、札幌市に開催地を変更したマラソンなどは今回、対象外となる。

 開閉会式のほか、32競技の計743セッション(時間帯)、全席種が対象。1次抽選販売で対象外だったボクシングも、初めて販売される。一般向けと車いす利用者向けチケットがあり、1枚2020円のグループチケットは販売されない。「TOKYO 2020 ID」に登録した国内在住者は誰でも申し込める。

 セッションごとの申し込み上限は開閉会式が2枚、決勝などメダルがかかったセッションが4枚、予選などその他のセッションが6枚(1次抽選販売での購入分を含む)。2次抽選販売での最大当選枚数は1次抽選販売時の30枚から18枚に減少した。1次抽選販売で購入された計約357万枚より今回の販売枚数が少なくなることなどを考慮した措置という。

 当選者は来年1月10日午後11時59分(コンビニでの現金支払いは1月12日午後11時59分)までに購入手続きを行う必要があり、原則としてキャンセルは認められない。10月から消費税率が10%に引き上げられたが、チケット価格や各種手数料は1次抽選販売時から据え置きとなっている。

 組織委は来年春にも専用サイト上での販売に加え、公式販売所での窓口販売、公式リセール(再販売)サービスの開設を予定している。

 今回、販売の対象外となったのは、マラソンのほか、トライアスロン、総合馬術、マラソンスイミング。いずれも暑さ対策からスタート時間の変更などが検討されている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ