PR

東京五輪 東京五輪

マラソン競歩札幌開催 組織委事務総長らが北海道知事と会談「まずは競技会場」

 東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催に関し、北海道の鈴木直道知事(手前右)と会談する組織委の武藤敏郎事務総長(同左)=8日午前、北海道庁
 東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催に関し、北海道の鈴木直道知事(手前右)と会談する組織委の武藤敏郎事務総長(同左)=8日午前、北海道庁

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催に向け、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長らは8日午前、札幌市中央区の北海道庁を訪れ、鈴木直道知事らと会談した。武藤氏は「まずは競技会場。会場が決まると経費が決まってくる。地元の理解を得ながら進めたい」と協力を要請した。

 1日の組織委、都、政府、国際オリンピック委員会(IOC)による4者協議で、都は新たに発生する経費を負担しないことで合意。それに代わる負担主体が焦点となっている。

 鈴木知事は、経費負担について7日に組織委の森喜朗会長から「北海道にはご迷惑をかけないようにする」と発言があったことを踏まえ、「迷惑がないようにと昨日確認できたのは大変有り難い」と述べた。

 その上で「いろんなことがあったけど大成功に導くことができたと皆で言えるようにお力添えをいただければ」と応じた。

 会談は冒頭を除いて非公開で行われた。道によると、武藤事務総長からはマラソン実施の際、ビアガーデンなど重要なイベントへの影響があれば丁寧に説明したいという趣旨の話があったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ