PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】マラソン開催で組織委事務総長らが札幌市長と会談 東京都負担分の経費「地元に求めることはしない」 

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催で、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長らが8日、札幌市役所で秋元克広市長らと会談した。

 会談は冒頭を除いて非公開で行われた。市によると、組織委側は札幌移転に伴う経費負担に関連し、組織委と東京都、政府、地方自治体による17年の大枠合意で都が負担すると整理された仮設整備費などの費用を「地元に求めることはしない」と説明したという。

 1日の組織委、都、政府、国際オリンピック委員会(IOC)による4者協議で、都は新たに発生する経費を負担しないことで合意。それに代わる負担主体が焦点となっている。組織委の森喜朗会長は7日の鈴木直道北海道知事との会談で「北海道にはご迷惑をかけないようにする」と発言していた。

 森氏は日程についても男子マラソンの最終日(8月9日)からの前倒し方針を示していたが、この日の会談で組織委側は「まだ調整事項がある」として未決定であることを強調したという。

 組織委と札幌市、北海道は同日、実務者連絡会議を初開催し、札幌移転に伴う課題の整理など具体的な協議に入る。武藤氏らはマラソンの発着点として有力となっている市中心部の大通公園も視察する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ