PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪組織委の森会長、男子マラソンの日程前倒し方針明かす 秋元札幌市長に協力要請

札幌市役所を訪問した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(右)。マラソンと競歩の札幌開催について秋元克広市長に改めて協力を要請した=札幌市役所(森本利優撮影)
札幌市役所を訪問した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(右)。マラソンと競歩の札幌開催について秋元克広市長に改めて協力を要請した=札幌市役所(森本利優撮影)

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催が決定したことを受け、大会組織委員会の森喜朗会長が7日、札幌市役所を訪れ、秋元克広市長に改めて協力を要請した。「ご迷惑なことを突然お願いしたと思っている。一日も早く直接あいさつしたいと思っていた」と述べた。

 秋元市長は「東京の皆さんの複雑な思いを考えれば、大変重い決定だと思う。協力して大会成功に向け準備したい」と応じる一方で、「日程やコースを早急に決めていただくとともに、市民生活に影響がないようにお願いしたい」とも述べた。

 森会長は男子マラソンの日程について「いつもだと最終日にやることになるが、閉会式とぶつかってくるし、ドーピング検査をやると間に合わなくなる。おそらく前のほうに回ると思う」と現状の8月9日からの前倒しを検討していることを明らかにした。

 森会長はこれに先立ち、北海道庁で鈴木直道知事とも会談した。8日は組織委の武藤敏郎事務総長らが札幌を訪れ、大通公園を発着するコース候補の視察や札幌開催に向けた会議体を設置する予定となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ