PR

東京五輪 東京五輪

【東京五輪】五輪はがき販売に待った ライセンス料発生で断念

 2020年東京五輪のセーリング会場となる神奈川県藤沢市の藤沢商工会議所が、五輪のロゴが入ったオリジナル年賀はがきを販売する計画を取りやめていたことが分かった。ロゴの知的財産権を持つ五輪組織委員会からライセンス料を求められる可能性があることが判明したため。

 藤沢商工会議所によると、販売を計画していた年賀はがきは、ヨットの絵柄に五輪のロゴをあしらったデザイン。日本郵便から買い取ったはがきに印刷して今月1日から販売する予定で、藤沢市と協力して今春から準備を進めていた。

 9月25日に記者会見で発表する予定だったが、組織委との調整を任せていた日本郵便から「組織委の許可が得られない」と連絡があった。五輪の年賀はがきを販売する横浜市や埼玉県は、日本郵便からはがきの広告枠を買い取ってロゴを入れており、ライセンス料はかからない。一方、藤沢商工会議所は、はがき自体を買い取り、印刷して販売しようとしたため、ライセンス料のかかるグッズ製作と見なされるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ