PR

東京五輪 東京五輪

北方領土は「日本属さず」 小池知事発言でロシア

北海道・根室半島の納沙布岬(左下)沖に広がる北方領土。歯舞群島(中央)、色丹島(右上)、国後島(左奥)。はるか右奥にうっすらと択捉島が見える=1月
北海道・根室半島の納沙布岬(左下)沖に広がる北方領土。歯舞群島(中央)、色丹島(右上)、国後島(左奥)。はるか右奥にうっすらと択捉島が見える=1月

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案を巡り、小池百合子東京都知事が「北方領土でやったらどうか」と発言したことに対し、在日ロシア大使館は18日、「日本には十分に涼しい気候の場所がある。ロシアの南クリール諸島(北方領土)は(日本に)属していない」とのコメントをフェイスブックで発表した。

 コメントは「尊敬する小池知事の発言についてご参考までに申し添えますが」とした上で「スポーツは統合させるものであり、対立を招く冗談のきっかけとなるべきでない」と指摘した。(モスクワ 共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ