PR

東京五輪 東京五輪

東京五輪、マラソンと競歩を札幌開催検討へ

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)は39キロ過ぎで、優勝した中村匠吾(右端)が集団から抜け出した=9月15日、東京都新宿区(代表撮影)
MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)は39キロ過ぎで、優勝した中村匠吾(右端)が集団から抜け出した=9月15日、東京都新宿区(代表撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 国際オリンピック委員会(IOC)は16日、東京五輪陸上のマラソンと競歩を札幌開催に変更する代替案の検討に入ったと発表した。猛暑による選手らへの影響を考慮した措置としており、札幌は東京都内より五輪期間中の気温が5~6度低いことなどを理由としている。

 IOCは大会組織委員会や東京都、国際陸上競技連盟と協議を進める方針を示し、東京五輪の準備状況を監督する調整委員会が30日から都内で開く会合でも話し合う。「持久系の種目をより涼しい条件下で実施することは、選手と役員、観客にとって包括的な一手」と説明した。これまでも暑さ対策として、招致段階の計画からスタート時間を前倒しし、男女マラソンは午前6時、競歩の男子50キロは5時半、男女20キロは6時に変更した。しかし、6日に中東のドーハで閉幕した世界選手権では、猛暑を考慮して深夜スタートとしたマラソンや競歩で、高温多湿の条件で棄権者が続出し、選手やコーチから批判の声が上がっていた。

 東京五輪のマラソンは、女子が来年8月2日、男子は同9日開催で、コースは新国立競技場を発着し、浅草寺、銀座、皇居などを巡る予定で、競歩は皇居周辺を周回するコースだった。

 IOCのバッハ会長は「選手の健康は常に懸案事項の中心。マラソンと競歩の変更案は懸念を深刻に受け止めている証左。選手にベストを尽くせる条件を保証する方策だ」とコメント。国際陸連のコー会長は「選手に最高の舞台を用意することは重要。マラソンと競歩で最高のコースを用意するためにIOCや組織委などと緊密に連携していく」としている。

 東京都の小池百合子知事は「唐突な形で発表され、このような進め方は大きな課題を残す。コースなどは関係機関と協議して決定しており、驚きを感じる」とするコメントを出した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ