PR

東京五輪 東京五輪

オリパラ選手村用無人自動運転車、車いす4台も楽々の広々空間 トヨタ「イーパレット」実車公表

東京五輪・パラリンピック選手村内循環バス仕様のトヨタ自動車の自動運転車「イーパレット」の車内(トヨタ提供)
東京五輪・パラリンピック選手村内循環バス仕様のトヨタ自動車の自動運転車「イーパレット」の車内(トヨタ提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 トヨタ自動車は9日、来年の東京五輪・パラリンピックで選手村内の循環バスとして提供する自動運転車「e-Palette(イーパレット)」の実車を公表した。高精度立体地図とセンサー情報などを連動させた無人自動運転で、最高時速19キロの低速ながら選手や大会関係者らを運ぶ。今月24日開幕の東京モーターショーで一般展示される。

 昨年発表された低床バス形状のイーパレットは五輪・パラリンピックが初運行の舞台となる。限定区域内での完全自動運転にあたる「自動運転レベル4」相当の車両で、運転席がない。

 広々とした車内で最大20人が乗車可能。車いすなどでも乗降しやすいよう、ドア幅が1・3メートルと電車のように広いうえ、バス停停車時には隙間ができるだけ出ないように制御し、スロープも自動で稼働する。車いす乗車時は4台乗った上でさらに立ち乗りが7人乗れる。高さも、身長2メートルの人も楽に乗降できるほどだという。異常時には緊急停止ボタンでも停車できる。

 「発車します」と自動アナウンスが流れ、人が横断しようとすると自動で減速、停車。歩行者には丸型のフロントランプが笑顔のマークを作って「お先にどうぞ」と譲るような“表情”を見せる。

 トヨタは五輪とパラリンピックのモビリティー(移動)分野での「ワールドワイドパートナー」で、車両関係を独占提供している。選手村内で十数台稼働する予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ