PR

東京五輪 東京五輪

MGC男子 設楽が37キロすぎに逆転許す

24キロ付近を力走する設楽悠太。奥は東京タワー=東京都港区
24キロ付近を力走する設楽悠太。奥は東京タワー=東京都港区

 東京五輪マラソン代表の座を争う「グランドチャンピオンシップ」(MGC)の男子は、25キロすぎから急激に失速した先頭の設楽悠太(ホンダ)が37キロ地点で2位集団に抜かれ、そのまま引き離される。

 藤本拓(トヨタ自動車)も後退し、先頭集団は8人となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ