PR

東京五輪 東京五輪

MGC女子 40キロも前田が懸命の走り、2位鈴木とは2分近い差

二重橋前交差点で折り返したトップの前田穂南選手=15日午前、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
二重橋前交差点で折り返したトップの前田穂南選手=15日午前、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の女子は、一人旅を続ける前田穂南(天満屋)が終盤の上り坂にさしかかり、少しずつペースが落ちてきたが、後続もペースが上がらず、2位鈴木亜由子(日本郵政グループ)とは2分近い差をキープしている。前田は40キロを2時間17分19秒で通過。歓喜のゴールは近づいている。3位小原怜(天満屋)、4位松田瑞(みず)生(き)(ダイハツ)も変わらず。5位に福士加代子(ワコール)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ