PR

東京五輪 東京五輪

福士・安藤・一山のワコール勢、MGCへ三者三様

マラソングランドチャンピオンシップの記者会見でフォトセッションに臨む出場選手=13日午後、東京都新宿区(納冨康撮影)
マラソングランドチャンピオンシップの記者会見でフォトセッションに臨む出場選手=13日午後、東京都新宿区(納冨康撮影)

 13日に行われたMGC出場選手会見。女子10人中3人を占めるワコール勢は三者三様だった。最年長の37歳、福士加代子は「たいがい緊張するので。転ばないようにしますよ」と普段通りの明るい表情。後輩と積んできた練習について「レース感が出やすくて良かった。仕上がり具合が分かる」と利点を口にした。

 安藤友香は「最終的に自分自身が一番のライバルになる」と気を引き締め、最年少22歳の一山麻緒は「若さあふれる走りをしたい」と元気よく宣言した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ