PR

東京五輪 東京五輪

女子最速の安藤友香は「己」 MGC選手が漢字一文字で決意表明

記者会見に臨む安藤友香=13日午後、東京都新宿区(納冨康撮影)
記者会見に臨む安藤友香=13日午後、東京都新宿区(納冨康撮影)

 13日に行われたMGCの記者会見では、五輪切符を争う男女計40人の出場選手が一堂に会した。緊張した面持ちで会見に臨んだ選手らは、漢字一文字で意気込みを表現。現役女子最速の2時間21分36秒の自己記録を持つ安藤友香(ワコール)は「己」を選び、「自分に勝って笑顔でゴールしたい」とレースに向けての決意を表明した。

 また、男子の一色恭志(ただし、GMO)がコンディション不良のため、女子では関根花観(日本郵政グループ)が右足第2中足骨の疲労骨折、前田彩里(さいり、ダイハツ)も右大腿二頭筋付着部の腱損傷のため欠場することが発表された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ