PR

東京五輪 東京五輪

五輪切符へ…大迫、福士らMGC出場40人が会見 15日に選考レース

【マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)公式記者会見】フォトセッションに臨む出場選手ら。大迫傑(2列目左から2番目)、設楽悠太(2列目右から2番目)、井上大仁(2列目右)、服部勇馬(3列目左から2番目)、今井正人(3列目右)ら=13日午後、東京都新宿区(納冨康撮影)
【マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)公式記者会見】フォトセッションに臨む出場選手ら。大迫傑(2列目左から2番目)、設楽悠太(2列目右から2番目)、井上大仁(2列目右)、服部勇馬(3列目左から2番目)、今井正人(3列目右)ら=13日午後、東京都新宿区(納冨康撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東京五輪のマラソン日本代表選考レース「グランドチャンピオンシップ」(MGC)を2日後に控えた13日、出場する全40選手による記者会見が東京都内で開かれた。男女2人ずつが五輪切符を手にする初開催の一発勝負へ、トップ選手が一堂に会して緊迫感を漂わせた。

 東京・明治神宮外苑発着で五輪本番とほぼ同じコースで争う大一番。男子日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=は「今までで一番いい練習ができた」と自信を示した。トラックを含め5度目の五輪出場を目指す女子の福士加代子(37)=ワコール=は「たいがい緊張するので(他のレースと)あまり変わらない」とひょうひょうとした様子で話し、漢字1文字で表現する意気込みは「一」と書き込んだ。

 男子は30人が午前8時50分、女子は10人が同9時10分にスタートする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ