PR

東京五輪 東京五輪

野口みずき、一発勝負MGCに「戦いはレース前から始まっている」

野口みずきさん(恵守乾撮影)
野口みずきさん(恵守乾撮影)

 2020年東京五輪男女マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(産経新聞社など共催)が15日、東京・明治神宮外苑を発着とするコースで行われ、「一発勝負」で男女とも2位までが代表に決まる。

 日本マラソン界の大一番を五輪女子マラソン金メダリストはどう見るのか-。2000年シドニー五輪代表で日本陸連理事の高橋尚子さん(47)と、04年アテネ五輪代表で岩谷産業陸上部アドバイザーを務める野口みずきさん(41)の2人に見所などを聞いた。

「戦いは記者会見から始まっている」

 --MGCが近づいてきた

 野口みずきさん「1、2番を確実に狙っていかないといけないので、牽制し合う恐れがありますね。日本選手は近年、国内では良いタイムでゴールしても五輪や世界選手権でなかなか結果が出ていない。国内で小さくまとまっている面があるのかな。勢い良く力を発揮できるのが強い選手ですから、勝負に徹することも大事だけど、東京五輪を視野に入れて積極的に行ってほしいです」

 --注目選手は

 「女子は松田瑞生選手と鈴木亜由子選手。2人が◯印なら、△印は安藤友香選手、小原怜選手、前田穂南選手。14、15年のナショナルチーム合宿で一緒に走った福士加代子選手や岩出玲亜選手らも出場します。当時の合宿が意味あるものだったと思える。テレビで解説するという立場を抜きにすると、彼女たちに頑張ってほしいとは思います。男子では神野大地選手。純粋にマラソンを追求している印象です」

 --過去の代表選考会と多くの点で異なる

 「気温は気になりますね。レース中盤は10時半ごろ。そこから暑くなる。どんな気温で落ち着くか」

 --優勝した04年アテネ五輪は午後6時のスタート時が気温35度だった

 「暑かったですね。10~15キロではリタイアしようかと思ったくらい。吐きそうになったんですが、先頭を走っていて、目の前に世界中のカメラマンが並んでいたので何とか我慢して(笑)。頭の上から足の先まで対策して、首周りに日除けが付いた帽子もかぶりました。逆に帽子が格好悪いと急に恥ずかしくなって、かぶらなかったのが13年世界選手権。熱中症のような症状で途中棄権してしまいました。MGCでも工夫をしないと。代表に決まってもダメージがすごく残るようでは、しんどいと思いますから」

 --アテネ五輪代表選考の03年大阪国際は優勝。ハイレベルなレースだった

 「当時は日本で選ばれることが世界で戦うよりきつかった。特に03年大阪は1~5番まで2時間23分台以内。あれから、そういうレースはないですね。私は合宿で練習パートナーを付けていなかった。1人でやるのはきついけど、乗り越えると本番に向けて前向きな気持ちを作れました」

 --現役時代は早めに仕掛ける展開が多かった

 「スピードがないので、どこで決めるかと言えばロングスパート。アテネ五輪も(抜け出したのは)25キロくらい。準備が100%できた状態だったら自信を持って早い段階でスパートできます。勇気は要ると思いますけど。そういう点では、若手でマラソンを数回しか走ってない選手がMGCでどう動けるかですね」

 --MGCは通過点

 「戦いは記者会見から始まっています。私は練習のことも結構、細かく淡々と話していた気がしますが、今は自分のやってきたことを自信を持って、ずばっと言える選手が少ないような気がします。MGCでは『世界と戦わないといけないんだ』と本当に思っている選手が良い結果を出せるのではないでしょうか」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ