PR

東京五輪 東京五輪

カヌー大会で人工雪実験 五輪暑さ対策

カヌー(スプリント)競技が行われる海の森水上競技場で暑さ対策のための降雪テストが行われた=13日午前、東京都江東区(納冨康撮影)
カヌー(スプリント)競技が行われる海の森水上競技場で暑さ対策のための降雪テストが行われた=13日午前、東京都江東区(納冨康撮影)

 来年の東京五輪・パラリンピックの暑さ対策で、大会組織委員会は13日、海の森水上競技場(東京・臨海部)で開かれているカヌー(スプリント)大会で、人工雪を降らす実験を行った。組織によると、有効な暑さ対策が限られている中、国内のスポーツ大会で人工雪を降らすのは初めてという。

 この日午前10時すぎ、組織委のスタッフら約150人が観客席に座り、トラック型の降雪機から空中に向かって人工雪が放出された。観客からは「冷たい」などの声が飛び交い、約5分間の降雪を楽しんだ。

 ただ気温は降雪前後で約25度と変わらず。組織委の岡村貴志MOC統括部長は「観客に清澄感を与え、一つのイベントとしても楽しめる」と説明。体感したスタッフからは「背中に入ってとても冷たく感じた」「思っていたより大粒の雪だった」という肯定的な声があったという。

 組織委は午後にも人工雪の実験を行い、費用などを考慮した上で、他の会場を含めて導入するか検討していくという。

 海の森水上競技場は、費用削減で2千席の常設観客席のうち、半分しか屋根を整備しなかった。8月上旬に行われたボート競技では、直射日光にさらされた観客から不満の声が上がっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ