PR

東京五輪 東京五輪

「メダルが旭日旗連想」 韓国が改めて批判 パラ選手団長会議

東京パラリンピックのメダル
東京パラリンピックのメダル

 2020年東京パラリンピックに参加予定の各国・地域の国内パラリンピック委員会(NPC)を対象にした選手団長会議で12日、韓国の代表者が「メダルのデザインが旭日旗を連想させる」という趣旨の主張を展開し、大会組織委員会に対応を要請したことが、関係者への取材で分かった。

 組織委は韓国側に会議の場ではなく個別でやりとりするよう求めた。また、出席した中国の代表者からも「五輪やパラリンピックはグローバルな大会で、政治問題と混同させるべきではない」との声が上がった。

 同日の会議で韓国側は、旭日旗が先の大戦当時に使用されたことを踏まえ、「旭日旗はアジアの国々にとって帝国主義の象徴で忘れがたいものだ。メダルデザインが旭日旗に似ていることでショックを受けた。共生社会を掲げる組織委には、速やかな対応を求める」と述べた。

 旭日旗をめぐっては、韓国側は障害者団体などがパラリンピックのメダルデザインに反発。組織委が競技場への旭日旗の持ち込みを容認する姿勢を示したことに対し、韓国文化体育観光省は国際オリンピック委員会(IOC)に使用禁止措置を要請した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ