PR

東京五輪 東京五輪

台風影響で開始遅らせる 東京五輪空手テスト大会

 東京・日本武道館で9日に開催された東京五輪の空手のテスト大会では、台風15号の影響で首都圏の交通機関が大幅に乱れたため、競技開始を当初予定の午前10時から午後1時に遅らせるなどの措置が取られた。

 大会組織委員会は8日時点で競技開始を正午にずらし、スタッフの集合時刻も午前7時半から10時に遅らせる方針だった。しかし、9日は10時ごろになっても65人のスタッフのうち3~4割程度しか到着できず、さらに開始を遅らせる必要が生じたという。

 来年の大会本番でも台風直撃などにより、競技時間の変更など、対応を迫られる可能性がある。組織委の森泰夫大会運営局次長は「屋内競技でもこういうことが起こり得る。知見を積み重ね、来年の運営に生かしていきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ