PR

東京五輪 東京五輪

聖火ランナーに100倍超 東京都公募分の速報値

 東京都は6日、2020年五輪の際に都内を走る聖火ランナーの公募で、165人の定員に対して100倍超の1万6910人の申し込みがあったとの速報値を公表した。応募者が提出した書類などを基に今後選考が進められ、12月以降に当選者が決まる。

 大会組織委員会によると、聖火ランナーは全国で約1万人。このうち47都道府県の実行委員会が2500人程度を選考する。都には計330人が割り当てられ、半数を公募し、残りを実行委の推薦で選ぶ。他にスポンサー企業4社も募集した。

 聖火リレーは来年3月26日から7月24日の121日間。東日本大震災などの被災地のほか、各地の世界遺産や名所を回り、通過する市区町村は日本全体のほぼ半分の857に上る。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ