PR

東京五輪 東京五輪

馬を酷暑から守れ 五輪馬術競技で気をもむ組織委 熱中症リスクも

 東京五輪・パラリンピックで唯一、人間以外の「アスリート」として馬術競技に出場する馬の健康管理に選手や大会組織委員会が神経をとがらせている。人馬一体となって、技の美しさなどを競う馬術は馬の体調が最優先されるのが特徴。14日まで本番会場の馬事公苑(東京都世田谷区)などでテスト大会が行われたが、出場選手は相次いで猛暑の影響を指摘。暑い中で運動する馬が熱中症にかかるリスクは人間よりも高いとされ、更なる配慮が必要となりそうだ。(田中徹)

 テスト大会は12日から、1964年大会で整備され、今大会に向けて全面改修された馬事公苑などで行われた。五輪本番の競技は酷暑の日中を避け、午前中や夕方以降に競技が行われる予定で、テスト大会も午前中に開催された。

 日本や馬術の強豪国ドイツなど4カ国の選手と馬が出場。酷暑に備えるため、馬が期間中に滞在する厩舎(きゅうしゃ)にはエアコンが取り付けられ、会場には馬を冷やすためにミストシャワーや氷水も準備。不測の事態に対応するため、エアコン付きの馬用救急車も用意された。

 12日開催の総合馬術の馬場馬術では、天候は曇りがちで気温も30度前後だったが、小雨が降ったこともあって湿度は90%超に。日本特有の高温多湿の状況に、競技を終えた選手や馬からは大量の汗が噴き出た。

 選手からは、相棒である馬の体調を気遣う声が漏れた。「馬は暑さに弱く、言葉も通じないので最大限のケアが必要」「周りにビルがあるからか、競技場内に風が通らない。心配だ」

 一般的に乗馬クラブなどで採られる馬の暑さ対策としては「扇風機で厩舎を冷やしたり、太ももの血管にホースで水をかけるのが通例」だという。さらにJRA(日本中央競馬会)などの競馬ではパドックの周回時間を短縮したり、出走前後の待機場所などにミストシャワーを設けたりして、馬の負担軽減に努めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ