PR

東京五輪 東京五輪

交通規制テスト、周辺の高速渋滞は東名で15キロ、東北で6キロ

その他の写真を見る(1/3枚)

 東京五輪開幕まで1年と迫った24日、都心に向かう交通量を制限した大規模交通規制テストで、通勤時間帯を中心に首都高速道路の周辺で渋滞が起き、東名高速は一時15キロ、東北自動車道で6キロの渋滞となった。首都高は一時、30カ所超の入り口が閉鎖されたこともあり、流れはほぼスムーズだった。

 テストでは、首都高と、首都高につながる高速道路など計11カ所の本線料金所で、都心方向の開放レーン数を減らし、場所によっては半分以下にした。この結果、スムーズに通過できなくなり、第3京浜道路も約5キロの渋滞となった。

 一般道の環状7号の交差点約120カ所でも、都心方向の青信号の表示時間を短縮し、都心への流入量を絞った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ