PR

東京五輪 東京五輪

開催国枠は来年W杯で選考 カヌー連盟常務理事会

 日本カヌー連盟は8日、東京都内で常務理事会を開き、2020年東京五輪のスプリント種目の代表選考方針を固めた。日本に4枠ある開催国枠を使う場合、来年5月のワールドカップ(W杯)第2戦(ドイツ)に選手を派遣し、最終選考会とする。詳細は後日、発表する。

 男子はカヤックとカナディアンの1000メートル、女子はカヤック500メートル、カナディアン200メートルの開催国枠がある。

 日本連盟は既に五輪予選を兼ねた8月の世界選手権(ハンガリー)などで自力で出場枠を獲得した選手は、代表に選ぶと発表している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ