PR

東京五輪 東京五輪

難民選手団結成へ37人支援 東京五輪でIOC会長

記者会見するIOCのバッハ会長=20日、スイス・ローザンヌ(共同)
記者会見するIOCのバッハ会長=20日、スイス・ローザンヌ(共同)

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は20日、スイスのローザンヌで記者会見し、2020年東京五輪での「難民五輪選手団」結成に向けてシリアやアフガニスタン、南スーダンなど9カ国出身の37選手を支援すると明らかにした。陸上、柔道、空手など8競技にわたり、参加基準を設けて来年6月にメンバーを発表する。

 初めて結成された16年リオデジャネイロ五輪では内戦状態のシリアから海を泳いで欧州に渡った競泳女子のユスラ・マルディニら3競技の10選手が特別参加。いずれも東京五輪で連続出場を目指す。バッハ会長は「リオ五輪よりも多くなりそうだ」と見通しを示した。団長は女子マラソン元世界記録保持者のテグラ・ロルーペさん(ケニア)がリオに続いて務める。

 大会組織委員会の森喜朗会長は「難民選手団の参加を歓迎する。受け入れ態勢の整備にも万全を期していく」とコメント。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ