PR

東京五輪 東京五輪

日本連盟に衝撃 ボクシングの東京五輪開催国枠減少

 国際オリンピック委員会(IOC)理事会で2020年東京五輪ボクシングの開催国枠が男子4、女子2階級の計6枠となったことを受け、日本ボクシング連盟の菊池浩吉副会長は20日、「当初、男子は5階級だった。ショックはショック。決まったことに向かってやっていくしかない」と話した。

 男女平等の観点で男子の総出場枠は20減となった。菊池副会長は「男女平等は当然だが、競技人口が大きく違う中で男子の強豪が出られなくなるのは残念」と述べた。

 国内選考は今秋の世界選手権や11月の全日本選手権の成績を考慮していく方針を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ