PR

東京五輪 東京五輪

日航、初のエアバス機「A350」が羽田到着、主力路線に導入

羽田空港に到着した日本航空の次世代主力機「A350-900」初号機=14日、東京都大田区(平尾孝撮影)
羽田空港に到着した日本航空の次世代主力機「A350-900」初号機=14日、東京都大田区(平尾孝撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 日本航空は14日、次期主力大型機として導入する欧州航空機大手エアバスの最新機種「A350-900」の初号機を羽田空港で受け取った。日航として初めてのエアバス大型機の導入となる。国内、国際線の主要路線に投入している「ボーイング777」の後継として31機を導入する計画だ。

 羽田空港で行われた到着記念式典では、フランス・トゥルーズから搭乗してきた植木義晴会長が、赤坂祐二社長にログブック(運航日誌)を手渡すと、「A350」とプリントされた赤いTシャツを着た社員らが拍手で祝福した。

 平成25年の社長時代に、導入を最終判断した植木氏は、「実際に搭乗して、6年前の決断は正しかったと感じた」とあいさつ。赤坂祐二社長は「エアバスの機体、ロールスロイスのエンジンともに初めて。万全の準備を進めてきた。安全性、整備性も極めて優れた飛行機と確信を持っている」と、新機材への期待を強調した。

 同機は9月に羽田-福岡線でデビュー。日航は国内線での導入を先行させ、その後、国際線の主力路線にも順次運航していく。同機の導入は国内航空会社として日航が初めて。

 日航は旧日本エアシステム(JAS)との統合でエアバス機を引き継いだ経験はあるが、長年、米ボーイング社の機体を主力に活用してきた。日航は環境対応が航空業界にとって大きな課題となることを見据え、環境性能が高いエアバスの採用を決めた背景もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ