PR

東京五輪 東京五輪

使用済みプラスチックで表彰台作製 東京五輪・パラリンピック

 2020年東京五輪・パラリンピックのメダル授与式で用いられる全ての表彰台について、大会組織委員会は11日、使用済みプラスチックをリサイクルして製作すると発表した。プラスチックごみをめぐっては地球規模の環境汚染への懸念が高まっており、表彰台プロジェクトを通じ、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)を支持する意志を明確にする。

 この取り組みは、携帯電話部品などを再利用してメダルを作る「都市鉱山」プロジェクトに続く東京大会のSDGs貢献策。今月末に大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)会場でも紹介され、国際的なプラスチックごみ対策の推進をアピールする。

 これまでの大会の表彰台は主に木製で、プラスチック製のものは初めてだという。大会スポンサーであるP&Gグループが協力。6月19日から同社製品の使用済みプラスチック容器など45トン分を全国のイオングループ店舗で回収を始める。

 表彰台のデザインは、東京大会のエンブレムを制作した野老(ところ)朝雄さんが担当し、来年6月に披露される。大会後は学校などで環境問題の教材としても活用されるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ