PR

東京五輪 東京五輪

五輪初の短編アニメを製作 ポノック、IOCと共同で

アヌシー国際アニメーション映画祭で五輪短編映画の製作を発表するスタジオポノックの西村義明プロデューサー=10日、フランス東部アヌシー(共同)
アヌシー国際アニメーション映画祭で五輪短編映画の製作を発表するスタジオポノックの西村義明プロデューサー=10日、フランス東部アヌシー(共同)

 フランス東部で開幕したアヌシー国際アニメーション映画祭で10日、日本のアニメ制作会社「スタジオポノック」が、五輪の精神を描く世界初の短編アニメ映画を国際オリンピック委員会(IOC)と共同で製作すると発表した。2020年東京五輪を皮切りに、その後の五輪開催地などで上映される見通しだという。

 スタジオポノックによると、五輪が大切にする「卓越」「友情」「尊重」をテーマにした物語で、20年春に完成予定。完成後の作品はIOCに帰属し、スイスのローザンヌにある五輪博物館に収蔵される。

 ポノック社長の西村義明プロデューサーは記者会見で「子どもたちが五輪を楽しみだと思ってくれるような作品にしたい。五輪に限らず世界中で行われている競争の末に私たちはどんな世界を見たいのかが大きなテーマとなる」と述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ