PR

東京五輪 東京五輪

JOC、「竹田名誉会長」案見送り

竹田恒和氏=東京・羽田空港(古厩正樹撮影)
竹田恒和氏=東京・羽田空港(古厩正樹撮影)

 日本オリンピック委員会(JOC)は6日、竹田恒和会長を名誉会長とする案を見送った。東京都内で同日、開かれた理事会に議案として提出されなかったうえ、同案に関する質問に対し、竹田会長自身が「大変、光栄で名誉なことだが、慎重に検討させてもらった。今はまだその時期でない」との考えを示した。

 2020年東京五輪招致疑惑でフランス司法当局の捜査対象となっていることを踏まえての判断とみられ、将来的な就任には含みを持たせた。

 理事会では新役員候補者31人が承認され、次期会長が確実な山下泰裕全日本柔道連盟会長や元検事で消費者庁長官の岡村和美氏、文部科学省広報室長の籾井(もみい)圭子氏らが名を連ねた。残る学識経験者枠の1人は調整中。27日の評議員会で正式に選任され、同日の理事会で役職を決める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ