PR

東京五輪 東京五輪

午前決勝に戸惑いの声も 「今から準備」と競技団体

 「心配だ」「今から準備したい」。16日に発表された2020年東京五輪の競技日程は午前から決勝開始となる種目があり、競技団体から選手の体調管理や集客への影響で戸惑いの声も出た。日本陸上競技連盟の麻場一徳強化委員長は「決められたことなので仕方ない」と受け止め、選手への影響については「海外では時差のあるところでやるのだから対応していくだけ」と話した。

 「午前中の暑い盛りになったということは、決して喜ばしいことではない」と話すのは日本バレーボール協会の八田茂専務理事。ビーチバレーが男女とも午前10時からの決勝となり「どれだけ観客を集められるか心配。選手のことを考えてもベストパフォーマンスを発揮するというのは大変なことだ」と話した。

 大会最初の試合となるソフトボールの日本戦は午前9時に開始予定で、日本代表の宇津木麗華監督は「早いかなと思った」と戸惑いも。「まだ1年以上あるので、しっかり準備していきたい」と顔を引き締めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ