PR

東京五輪 東京五輪

森組織委会長「こんな形で残念」 桜田五輪相辞任

2018年10月、20年東京五輪・パラリンピック組織委にあいさつに訪れ、森喜朗会長(右)からネクタイを贈られる桜田五輪相=東京都港区
2018年10月、20年東京五輪・パラリンピック組織委にあいさつに訪れ、森喜朗会長(右)からネクタイを贈られる桜田五輪相=東京都港区

 桜田義孝五輪相が10日に辞任したことを受け、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は11日、東京都内で取材に応じ、「(五輪開幕まで)500日を切って一番大事な時なので、大臣がこんな形で辞められるというのは本当に残念」と述べた。

 桜田氏は東日本大震災の被災者を傷つける発言をしたことを辞任の理由に挙げている。森会長は「どなたが大臣であろうと、この五輪の源流は災害復興から始まっている」と強調。後任となる鈴木俊一元五輪相について「経験もある方だし、人柄も立派な方だから良かった。あの方も岩手(出身)ですから、そういう意味では(復興五輪の理念推進に)安心しておれるかなと思っている」と期待した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ