PR

東京五輪 東京五輪

3大会ぶり五輪と同コース 東京パラマラソンコース発表

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、東京パラリンピックのマラソンコースを発表した。メインスタジアムの新国立競技場を発着点とし、浅草・雷門や東京タワーなど東京の名所をめぐる五輪と同じ42.195キロのコースとなった。

 同一コースとなるのは08年北京大会以来、3大会ぶり。室伏広治スポーツディレクターは「パラマラソンとしては類をみないダイナミックなコース設計」と述べた。特徴はスタート直後と終盤の約3キロを約30メートル上り下りする高低差で、T54(車いす)の西田宗城(バカラパシフィック)は「スピードと駆け引きの魅力を感じてほしい」とアピールした。

 マラソンは大会最終日の9月6日に男女計5種目が行われる。スタート時間は午前7時で最終調整中。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ