PR

東京五輪 東京五輪

五輪期間中の終電時間30~90分繰り下げ 19社約60路線

 2020年東京五輪期間中の鉄道運行について、東京都と大会組織委員会は15日、東京圏の鉄道各社と終電時間を繰り下げる方向で合意したことを明らかにした。午後11時以降に終了する競技が複数あり、観客が円滑に帰宅できるよう、臨時ダイヤを組む。

 繰り下げを行うのはJR東日本や東京メトロ、都営地下鉄など19社計約60路線。20年7月24日(開会式)から同8月9日(閉会式)までの17日間、おおむね30分~90分繰り下げる方向で検討している。JR山手線は午前2時過ぎまで運行する見通し。運行間隔など具体的なダイヤは来春をめどに固める。

 五輪ではバレーボール会場の有明アリーナ(江東区)など午後11時以降に終了予定の競技会場が8カ所あり、深夜帯の交通手段確保が課題となっていた。パラリンピック期間中の終電時間繰り下げは行わない方針という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

東京五輪2020まであと

ランキング

ブランドコンテンツ